人気の沖縄でのダイビングの基礎的資格

shutterstock_306028445

周囲を海に囲まれている所謂、海洋国家といわれる日本にとって、海への関係は実に多彩にあり、其の代表的なのが何かの機会に海へ潜るということで、其れは色んな機会に生じてきます。

潜水を職業にする人や、救助のためのダイビング、又、海難事故による探索や捜索の為などありますが、中でも海に潜る機会と言うのは今では趣味とかレジャーとして楽しみのために潜る人も最近では多いようです。

確かに、テレビや映像などでは多く見る機会も有りますが、実際に海にもぐって海中の様子を観察したり水中遊泳する事は、其の世界と言うのは正に別世界を見せてくれます。 特に、国内では各地に海を潜る楽しみがありますが、海中の様子を伺ってこれぞ本島の海の姿だ・・!、と言えるのは南国沖縄の海で、沖縄諸島全般がダイビングに向いている島々とも言えるでしょう。

しかし、これ等の海をレジャーや趣味のためにダイビングを楽しく且つ安全に行い、それらを永い間に続けて行うためには、潜る為のそれなりの知識や経験が必要で、それらを習得した証としての認可や資格が必用になってきます。 そして、そればかりではなく色んな場所で色んなダイビングの種類の資格も取っていくことも重要です。

又、それらの資格や認可を入手することもダイビングの一つお楽しみでもあるのです。 極端な事を言えば、あるダイビングスクールなどでは、全部まとめると数10種類のコースが開催されているとも言います。

特に、初心者や初級者の人達が始めてダイビングをする為に取得するのは、一般的にはCカード資格もと呼んでいて、当面に取得するのがオープンウォーターダイバーという、潜るための資格となります。 此れは、ダイビングするには最低必要な基礎的な知識や潜水技術を習得するためのダイバーとしての世界的な標準ライセンスとも言われるものです。

コースとしては、概ねが1日目の学科講習と実技は浅瀬のプールなででの講習、そして2日目になると数ダイブの海洋実習からなる技術講習でライセンスを取得するコースになります。コースを終了するとオープンウォーター・ダイバーとして認定され、ダイビングライセンスの発行を受けることになるのです。

ところで、潜水技師やダイビングというのは実は多くの種類や其れに応じた資格があるようです。 例えれば、数10mも潜る深い所を専門に潜るための資格、又、沈没船など特殊な場所での作業や空気ボンベを取り扱い、使用するための資格など多彩に色々とあります。  ただ、基本的にはCカードと言われるもので、此れさえあれば、趣味やレジャーで楽しむためには十分と言えるでしょう。